食前の運動と食後の運動の違い

ダイエットを行ううえでは、食前の運動と食後の運動の違いを知っておくべきです。

ゼロキャロを3ヶ月飲んだ私の口コミ!成分効果や副作用の危険性は?

結論からいうと、食前の運動のほうが脂肪の合成量を減らす効果が高くなっています。

内臓脂肪が増えすぎてしまうのは、食事によるエネルギーの摂りすぎか、エネルギーを消費する運動量が少ないかのどちらかです。

そして、体脂肪を減らすには、食事の量を減らすか、運動量を増やすしかありません。

適正な食事と運動の量を維持することは大事ですが、食事によるエネルギー摂取量のプラス分と、運動によるエネルギー消費量のマイナス分でバランスをとるだけでは、内臓脂肪はなかなか減りません。

同じ運動でも、食事の前にするのか後にするのか、いつ始めるのかによっても、体脂肪の増減する量は異なってきます。

同じ量の食事をして、同じ量の運動をしても、太る人もいますし、痩せる人もいます。

その理由は、基礎代謝量の違いだといわれています。

筋肉の量が多くて基礎代謝量が高いと痩せやすく、基礎代謝量が低ければ太りやすいということです。

基礎代謝量を高くするには、運動して筋肉の量を増やすことが大事であり、運動不足の人が基礎代謝量を高くしようと思うと、かなりの時間がかかります。

そのため、運動ではなく食事を減らすという方向に行きがちですが、同じ運動でもタイミングよく行えば脂肪分解や燃焼の量も変わってくるので、運動に取り組む意欲も湧いてくるでしょう。