子供に運動されるメリットについて

子供に運動させるといい事がたくさんあります。健康面、体力面はもちろんのこと、メンタル面でも重要な役割を果たします。子供が運動を嫌がる場合でも、上手に運動につなげることが大切です。

http://www.grwyovalas.org/

運動させる最大のメリットは健康的な身体を作ることでしょう。日常的に運動している子供は、運動していない子に比べて風邪にかかりづらく、患った場合にもすぐに治ります。

これは運動することで、身体の免疫力が高まっている証拠です。

また、運動不足の子供は肥満傾向になる場合があります。肥満になると、動きづらい、疲れやすい、人と比べられるのが辛いなど、さらに運動が億劫になり、生活の中から排除するようになります。

運動することで子供たちの身体は形成されていきます。骨は大きく成長しますし、筋肉もついていきます。体力も向上するため、運動能力も日に日についていくでしょう。さらに心肺機能も強化されます。

強い身体というのはスポーツだけではなく、疲労回復といった面でも大きく作用します。疲れにくい、疲れを翌日に持ち越さない子供は笑顔も輝き、元気で明るくなるためよい効果をたくさんもたらします。

現在の子供たちは一昔前にくらべると、体力が低下していると問題視されています。

ゲームやパソコンに熱中するなど、友達と家で過ごす時間が増えたことも要因の一つでしょう。

運動することで精神面が成長していきます。「みんなはひとりのため、ひとりはみんなのため」という言葉がスポーツでは頻繁に使われますが、団体競技の代名詞とも言える野球をたとえにしてみましょう。野球で大切なのはチームプレーです。とくに少年野球の監督やコーチが熱心に教えるのは技術ももちろんですが、人を思いやるメンタル的な部分です。どのスポーツも真剣に向き合えば練習は厳しいものです。とくに野球の練習は、大声で叱れられることもあるでしょう。

最近の子供は叱られる機会が昔に比べて確実に減っていると懸念する声を聞きます。怒られた瞬間は辛いでしょうし、プライドも傷つくかもしれませんが、それ以上に今後の人生に活かせるものがスポーツの指導にはあります。

運動が嫌いな子供には、何か好きなものを見つけて挑戦させるべきだとおもいます。休日に自転車で出かけてみる、公園で汗だくになって遊ぶのも立派な運動です。子供に運動の楽しさを教えるには、親の働きかけも重要です。