朝ごはんを食べて口臭予防を

朝歯磨きをしたのに自分の口臭が気になることありますよね。
実はこれ朝ごはんを食べることで対策出来るんです。
朝起きた時が1日で最も口臭が強くなりますよね。

イニオ

これは寝ている間にだ液の分泌が減ってしまうことが原因なんです。
ご存じの通り、だ液には殺菌効果がありますよね。でも寝ている間はだ液の分泌が減るんですよ。そうして口内の殺菌が不充分になることから細菌が増殖しやすくなる環境となりまして、この細菌が食べかすなどのタンパク質を分解して発生するガスが、口臭の原因なんです。

だ液がたくさん分泌されることが大事ですが、そのためにはごはんを食べる時にしっかりと咀嚼を行う必要がありますよね。だ液がたくさん分泌され、口内の細菌の増殖が抑えられて、口臭予防につながるというわけです。
咀嚼することが大事なので、あまり噛まない朝ごはんはだめです。ヨーグルトなどの柔らかい食事も20回ほど噛むことを意識して食べてくださいね。

お米や繊維の多い野菜(ブロッコリーやゴボウなど)、納豆などは自然と噛む回数が多くなりますし、だ液の量を増やしてくれますので、お勧めです。時間が無い方も切るだけの野菜スティックでしたらそんなに時間かからないですよ。
朝ごはんを食べて、気持ちのいい朝を過ごしましょう。