糖質制限と脂質制限ではどちらが痩せるのか

ダイエットといえば【糖質制限】や【脂質制限】など三大栄養素のタンパク質以外を制限をすることが王道となっていますね。
最初にどうしてタンパク質を制限しないのかという疑問にお答えすると、タンパク質は体の細胞を作るうえで欠かせないものだし、炭水化物や脂質と違って体脂肪に変わりにくいからなのです。
また、タンパク質を制限することで筋肉が減りやすくなってしまいます。筋肉が減ることで基礎代謝が落ちてしまいますので、【痩せにくい体】になってしまってダイエットの効率が激減してしまうのです。
よって、通常は普段の生活で過剰摂取になりがちな炭水化物や脂質を制限するダイエットが主流になっています。

キュリーナはお腹も痩せる?ダイエット効果と口コミを辛口評価でお届け!

・糖質制限の特徴
糖質制限の最大のメリットは【体重の減少効果が表れるのが早い】という点です。糖質をカットすることによって体の水分量も下がるので水の重さも減っています。
糖質制限のデメリットとは、【リバウンドしやすい】、【脳を動かす栄養素が足りなくなるので頭が働きにくくなる】といった点です。
糖質制限の効果がでやすいのはいわゆるリンゴ体系の人でおなか全体がぼこっと出ていて内臓脂肪が多い人です。

・脂質制限の特徴
脂質制限のメリットは【脂質1gあたりのカロリーが9キロカロリーで炭水化物の2倍以上なので、脂質を我慢すれば炭水化物とタンパク質を含んだ食べ物を比較的自由な量を食べられる】です。
糖質制限ではどうしてもお腹が常に減りがちになってしまいますが脂質制限では炭水化物もしっかり食べられるので満足感が得られやすいです。
脂質制限のデメリットととしては、【外食の際に選択肢が狭くなる】といった点が挙げられます。世の中の美味しい食べ物は脂質が多く含まれていることが多いです。なので食べ物を選ぶ際にストレスになりやすいです。
脂質制限の効果が表れやすいのは洋ナシ体型の方です。お腹周りと下半身中心に皮下脂肪がついているタイプの人です。