肌荒れの原因

肌の悩みの一つに「肌荒れ」がありますが、その原因について見ていきましょう。

一つ目は、「生活習慣の乱れ」。http://www.cinecim.com/

「睡眠不足」「偏食」などといった状態が持続していると、肌の生まれ変わりに必須である「血液の循環」や「代謝機能」に悪影響が出てきます。

それにより、健常な角質細胞が育ちづらくなり、肌のバリア機能も脆弱になってしまいます。

二つ目は、「外部からの刺激」。

肌というのは、「紫外線」「暑さや寒さ」「乾燥」「化学物質」などの刺激に囲まれた状態にあります。

肌のバリア機能が下がった場合、こういった外部因子が肌に悪影響を及ぼすことがあります。

また、洗顔やスキンケアのときに肌を強くこすることも、バリア機能を低下させます。

三つ目は、「年齢と乾燥」。

角質の中にある「天然保湿因子」は、加齢と共に減っていきます。

そのため、年を重ねるごとに肌が水分を維持する力が減っていき、バリア機能も下がっていくことになります。

また、皮脂は角質の表面を覆うことで水分が飛ぶのを防いでいますが、これも加齢により減っていくので、肌は乾燥しやすくなり、外部からの刺激にも弱くなっていきます。

一方、赤ん坊の肌はバリア機能が未熟なため、乾燥による肌トラブルが起きやすくなっています。

このように、乾燥から来るバリア機能の低下は、年齢にかかわらず起こります。