筋トレはウォームアップから

いざ筋トレを始めるというとき、最初に行うべきはウォームアップです。

つまり、準備運動です。メイプアップの効果と私の口コミ!購入して3ヶ月飲んでみた体験談を暴露!

ストレッチなどはさておき、まずは体を温めなくてはなりません。

ウォームアップの目的は、大きく分けて二つあります。

一つ目は、「柔軟性を向上させる」。

お風呂に入ってから柔軟体操などを行うと、「普段より体が柔らかい」と多くの人が感じるはずです。

体が温まった状態だと、関節や筋肉も柔らかくなるので、動かすのが容易になります。

この状態であれば、運動をして「関節の角度が急激に変化する」などということがあっても、ケガにつながりにくくなります。

二つ目は、「力を出すのが容易な状態に持っていく」。

人間の筋肉が動くのは、化学反応によるものです。

この化学反応には、「最適温度」というのが設定されており、高すぎても低すぎても不十分な力しか出せません。

ですから、自身の筋力を最大に発揮するには、体を適度に温めておくべきだということです。

では、ウォームアップとして何をすればよいかということですが、「ウォーキング」「ジョギング」「踏み台昇降」などが挙げられます。

いずれも、負担の軽い有酸素運動ということが共通しています。

体が温まっていない状態で激しい運動をすると、怪我につながりかねないからです。

今日もぼちぼちスクワット

筋トレの代表と言っていいのは、なんといってもスクワットだろう。鍛神HMB

私が毎日、いや、たまに1日とばしているが、3ヶ月前から始めたのがこのスクワットだ。両手は胸の前にまっすぐに突き出し、軽く親指を外側にして握る。他の方法では、ひじを曲げて胸の前で両手の指を交互に組む方法や、腕組みをするスタイルもあるようだが、私にはバランスがとりづらい。そもそもネットで調べたのだ。

「ひざは曲げたときに足のつま先から前にでないようにする。前に出るとひざを痛める」と。スクワット初心者の私は、そのアドバイスに忠実に、ひざがつま先からでないように目で確認する。そのときに両手を組む方法では足元が見づらいのである。足を肩幅に開き、ゆっくりとひざを曲げて中腰の姿勢をとる。心の中では「イーチ、ニィー」と数える。

私が読んだ記事では20回が1セットだった。「え、20回も……」とてもムリ。最初は数にこだわらないことにした。回数というのは不思議なもので、一度できるようになると次は数を増やしたくなる。だが、私のスクワットの場合、数を増やそうとすると数の達成のために一回一回の膝の曲げのばしがおろそかになってしまう。

数をとるか1回の負荷の大きい方をとるか。結局私は少ない回数でも負荷をかけることにした。膝上からももが床と平行になるくらい腰を落とすのだ。こうして、基本は学びながらも自分なりのスクワットができあがり、今のところ3ヶ月続いている。

家でできる筋トレ・筋トレ感想

筋トレをして筋肉、無駄な脂肪を落とそうと思いはじめました。

鍛神HMBの悪評や悪い口コミは本当?効果なしの評判を購入して検証!

私なりの筋トレのテーマが「お金をかけず」を心がけて行っています。

まずは、食事も大事だと思い「ささみ」を多く食べています。

筋トレに使っているものなのですが、1.5Lのペットボトルに水を入れダンベルがわりに使っています。

後、自転車のタイヤなチュウブも使って行っています。

筋トレのメニューなんですけど、

・腕立て伏せを30回

・腹筋を30回

・ペットボトルあげを50回

・タイヤチュウブで腕の筋トレ10分

これを毎日行っています。

毎日できる事、無理せずに続けれる事が大事だと思ってこのメニューで続けています。

後、握力も鍛える為にお風呂に入りながら「グー、パー」と両手100回しています。

こんな感じで続けています。

私は、この効果で体調管理もできていると思っています。

結果、毎年行われる会社での健康診断があるのですが、中性脂肪が高く悩んでいましたけど、中性脂肪もおちてきて標準になりました。

筋肉の方も見て分かるぐらいついてきて、楽しくなってきました。

こうやって実感できると嬉しいです。

たまにもうちょっと重たい物がないのかなぁと思って子どもを上に乗せ腕立て伏せを行ったりもしています。

これは、結構キツイです。(汗)

最後になりますが、私なりの感想です。

筋トレをする事で、生活が楽しくなり、ちょっとした事でもテンションがあがってきます。身体の中もかわってきてるのかなぁと思いました。

ジムのひきしめお腹のレッスンに参加

私はジムでボディパンプなどのレッスンやマシンを使って筋トレをしていますが、4か月ほど前からひきしめお腹のレッスンに参加に参加するようになりました。

鍛神HMBは市販の店舗で購入可能?

実質的に運動をしている時間は15分ですが、内容は濃いもので1回1回違った運動をするので、トレーニングのバリエーションも広がります。

そのようなレッスンに入るまでは、腹筋においては数種類の運動だけを繰り返し行うだけで、気が付けば数日間同じ運動ばかり行っていることも

数多くありました。しかしそのレッスンに入るようになってからは、毎回違う運動を行うことができるようになりました。筋トレは毎回同じ運動ばかり

していては効果が半減します。筋肉に刺激を与えるためにも、違った運動を行う必要があります。そのような意味でも、ひきしめお腹のレッスンは

ほんとうに大きな効果をもたらしています。1回1回のレッスンで大きな発見があるのは大きな喜びです。腹筋は腹直筋や下腹部、腹横筋などと

範囲が広いので、いろいろな動きを取り入れることが大切です。それだけでなく、自分個人で行うとどうしても途中であきらめてしまいますが、

レッスンに入るとつらくても最後までやり遂げるので達成感を感じることができます。それらのメリットを感じながら、これからもひきしめお腹のレッスンに

いそしんでいきたいと思います。