さよならワキガ臭 私のワキガ対策

10代の頃からワキガ悩んでいました。
ワキガは遺伝と言いますが、私の母がワキガ体質で自分の体臭に対しては神経質なくらい気にしていた記憶があります。
姉もワキガですが、私よりワキガの発症は遅かったと思います。
私は学生時代、運動部に属していて汗を大量にかくこともあって早めに気が付いたのかもしれません。

http://www.cowantherealthing.com/

ただ今現在のワキガ臭は姉の方が強いと感じています。

たまにワキガ臭がよくわからない、という言葉を聞くことがありますが、ワキガの臭いというのは独特の臭いで単なる汗臭さとは全く違います。
そしてワキガ臭は一般的な制汗剤では全く効果がありません。
これはワキガ臭を抑える成分が配合されていないからだと、ワキガ専用クリームを販売しているサイトで見たことがあります。
ワキガにはワキガに特化した対策商品でなければ効果はゼロということらしいです。

このワキガ専用クリームというのが、一般的な制汗剤から比べるとかなり価格が跳ね上がります。(5000円切るくらい)
それでもこのワキガ臭から解放されるのならと、一時購入を検討したのですが時期を同じくしてワキガ専用の市販品が販売されるようになりました。
嬉しいことに市販品だと700円くらいから1000円以上までと価格の幅も広くあります。
まずはこちらの市販品を試してそれでもダメなら通販にしようと思い、800円くらいのジェルを購入しました。
結論から言うと、効果は抜群でそれまでの自分十数年来のワキガ臭の悩みはあっけなく解決されました。

シートで脇下をきれいに拭いてからジェルを塗る、あとは午後にもう一度シートで拭いてまたジェルを塗る、これで1日ワキガ臭を感じることなく快適に過ごすことができます。
自分の経験からなのですが、午後にジェルを塗り直す時ちゃんとシートで拭かないとジェルの効果が薄れる気がします。

以前シート拭きを怠ってしまいワキガ臭を感じてビビったことがあるので、それ以降は必ずシートで拭き取ってから塗り直すようにしています。
私よりも臭いの強い姉もこの市販品で十分臭い対策できているので、軽度以上のワキガにも効果はあると思います。
今は市販でも様々なワキガ対策商品が販売されているので、ワキガ臭にお悩みの方はまずはお手頃価格な商品からケアしてみてはいかがでしょうか。

朝ごはんを食べて口臭予防を

朝歯磨きをしたのに自分の口臭が気になることありますよね。
実はこれ朝ごはんを食べることで対策出来るんです。
朝起きた時が1日で最も口臭が強くなりますよね。

イニオ

これは寝ている間にだ液の分泌が減ってしまうことが原因なんです。
ご存じの通り、だ液には殺菌効果がありますよね。でも寝ている間はだ液の分泌が減るんですよ。そうして口内の殺菌が不充分になることから細菌が増殖しやすくなる環境となりまして、この細菌が食べかすなどのタンパク質を分解して発生するガスが、口臭の原因なんです。

だ液がたくさん分泌されることが大事ですが、そのためにはごはんを食べる時にしっかりと咀嚼を行う必要がありますよね。だ液がたくさん分泌され、口内の細菌の増殖が抑えられて、口臭予防につながるというわけです。
咀嚼することが大事なので、あまり噛まない朝ごはんはだめです。ヨーグルトなどの柔らかい食事も20回ほど噛むことを意識して食べてくださいね。

お米や繊維の多い野菜(ブロッコリーやゴボウなど)、納豆などは自然と噛む回数が多くなりますし、だ液の量を増やしてくれますので、お勧めです。時間が無い方も切るだけの野菜スティックでしたらそんなに時間かからないですよ。
朝ごはんを食べて、気持ちのいい朝を過ごしましょう。

臭いをケアする方法として

臭いが口の中とか体の中とかにつくわけです。生物である以上これは仕方がないことではあります。汗とか体についた垢とか埃などもそうでしょう。

http://www.identity-world.com/
そういうもので人というのはどうしても臭くなってしまう部分があるわけでそういうことに関して言えばしっかりと対処するということで臭いの改善というのはできなくはないです。やり方としては基本的についている臭いを洗い流すということがベストです。染み付いているということはあるでしょうし、自分の体自体がその臭いを発生させる原因になっているというのも間違いはないのですが今現在の匂いということ自体は洗うことなどによって改善させることができるでしょう。

そして洗ってすぐにまた臭くなるということは実はそんなに多いことではなく、洗えばしばらくは無臭の状態が続くことになります。ですから、積極的に1日何回も体を洗うようにするということを続けていると匂いが結構こっそりと落ちてくれるようになります。あるいは上から匂いをかき消すという意味合いにおいては香水を用いるということも効果的でしょう。

そうしたやり方によって臭いケアをするということも良いのですが、今度は香水自体が臭いと言われてしまうということになりかねませんから、注意しないといけないことになるでしょう。